女性

結婚式のあとに着る二次会ドレスにも注意が必要

着てはダメなもの

新郎新婦

結婚式に呼ばれたときに悩むことと言えば服装のことでしょう。どんな服装で結婚式や二次会に参加したらよいのでしょうか。結婚式に参加するときに意識したいのが主役は新郎と新婦だということです。この二人の門出を祝うための式なので二人より目立っては失礼になってしまいます。だからといって、普通の私服を着て行く人はいません。式にふさわしい清楚でシンプルな服を選ぶといいでしょう。女性が結婚式で選んではいけない服装があります。それは白やオフホワイト一色のドレスです。白い羽織も着席したときに白い服装と間違われる場合があります。新婦の着る服と同じ色のドレスや派手な服装も控えたほうがいいでしょう。また、黒一色で長袖のコーディネートも喪服をイメージするので避けましょう。黒いドレスを着るなら暗いイメージを払拭するためにもアクセサリーやコサージュ、小物で色をつけ華やかさを出しましょう。肌の露出が多い服装もよくありません。多くの人が訪れる結婚式で露出度の高い服装を見てよく思わない人もいます。肩が出る服装であればボレロやショールを羽織るといいでしょう。靴や鞄で注意したいのが爬虫類の皮が使われている物です。殺生を意味するので結婚式でそういった小物を使うのはやめましょう。華やかなファーは基本的にOKとされていますが、格式の高い場所ではよく思わない人もいるようです。服装に心配があるのであれば、新郎新婦に相談してもいいでしょう。シンプルでありながら綺麗なドレスや服装で新郎新婦をお祝いしましょう。